導入事例

法令厳守に役立つ I-O DATA製バックアップソフト

医師と患者の信頼関係づくりの要は、病状をすべて把握することから始まる

1969(昭和44)年の開院以来40年以上、地域に根差した歯科診療を行う大塚歯科医院

地域に根差した歯科医院として1969(昭和44)年の開業以来、多くの患者の歯の健康を守り続けてきた大塚歯科医院。病状や治療の方法をできるだけ分かりやすく説明するとともに患者の意思を尊重し、「なるべく削らない」「なるべく抜かない」「なるべく神経を取らない」を心掛けた治療を行っている。

 

「長く通って来て下さる患者さんも多く、何年も前からの診療の記録を見ることでこれまでの経緯を把握することができ、その時の病状に合わせた最適な治療を行うことができます。『自分の歯のことは自分以上に先生が知っている』という安心感と信頼感を持ってもらえるように努めています」というのは副院長・大塚徹さん。

 

診療にやって来るのは、近くに住む人や開業以来長く通っているお年寄り、学校医を担当したことがきっかけで幼少の頃から定期的に訪れる人、外国からの留学生など様々。これまでの診療録(カルテ)とレントゲンの画像ファイルは、現在すべてパソコンを使って管理しているのだそう。

デジタル画像のレントゲンは鮮明で部分拡大も可能。患者へ病状を説明するためには欠かせない

「レントゲンをフィルムで撮っていた頃は、現像に時間も掛かるし保管するにもスペースが必要なので大変でした。2003(平成15)年にデジタルレントゲンを導入することをきっかけに、撮影したものを画像ファイルで保存し、診療録もデジタル化しました」

 

デジタルレントゲンは、従来のレントゲンに比べてX線の被ばく量が1/10程度というのが特徴。撮影した画像は現像など処理を必要としないため、すぐに見ることができるのも利点だ。レントゲン室で撮影された画像ファイルは、デスクトップパソコンに瞬時に保存される。院内に3つある診療ユニットに据えられた端末から画像ファイルの保存先にアクセスして、撮ったばかりのレントゲン画像を見られる様システム化されている。

 

「治療を担当する我々と患者さんとでレントゲンの画像を見ながら歯の状態を共有できることは大切なことです。診療台に座っていても見やすいように虫歯の部分を拡大したり、歯の神経がどういう風になっているのかを見てもらうために濃度を調整したりできるので便利ですね。またフィルムと違って、以前の画像ファイルを簡単に呼び出して見比べることもできるので、治療する前と後の様子を再確認してもらうこともできます」