導入事例

導入・管理コストを軽減できる
コストパフォーマンスの良い高機能ネットギアのスイッチ

ネットギアのスイッチを導入した新進気鋭のベンチャー企業

株式会社エモーチオ 事業開発部ディレクター 森 大尚氏

 膨張する情報化社会の中で、ユーザーが『本当に必要とする情報が検索しにくい』という「情報ストレス」を解消する為に、ネット上に氾濫する情報を収集・分類し、その情報を必要とするユーザーと共有するキュレーションの重要性が高まっている。

株式会社エモーチオは、「New Ring(ニューリング)」という株式会社リクルートの新規事業提案制度で2010年にキュレーション事業提案にてグランプリを取得し、初のスピンアウト企業として2011年4月に会社を設立した。

 

 その事業理念から誕生したのが、同社が運営する新感覚ランキングサイト『bestmania(ベストマニア)』である。『bestmania(ベストマニア)』は、「本・漫画」「音楽」「映画・DVD」「ゲーム」の4つのジャンルに関するおすすめ情報を収集している。ユーザー間で情報を共有し、個人が必要とする特定のカテゴリにおける、整理された価値が高い、ピンポイントな情報を入手することが可能な場所だ。

 

 サイトのテーマでもある「ササる」は、ユーザー同士による新しい情報価値を創出し、今までにないまったく新しい検索体験を提供している。 サイト内に設置される「ササった!」ボタンを押された数で、そのコンテンツがどのくらい人の共感を生んだのか知ることができる。

更にユーザー投稿のリピートを向上させる為に、ゲーム的な楽しみ要素を取り入れたゲーミフィケーションという手法を提供し、『bestmania(ベストマニア)』は、CGMとしてサービス開始2ヶ月で50万コンテンツの投稿を達成した。

 

 更なる事業拡大に向け、既存のカテゴリ数を更に細分化することで、よりマニア志向の強い新しい情報のキュレーション事業を開始している。その第一弾として「小説マニア」という小説に特化した情報キュレーションサイトを開設しアクセス数は急速に増加しているという。

今後も同様にカテゴリの細分化を実施する考えだ。