導入事例

社内業務を効率化するネットジャパンのバックアップソフト

●事業所間のバックアップにも柔軟に対応するActiveImage Protector 3.5

シンプルなインタフェース

ActiveImage Protector 3.5は、独自のディスクイメージング技術を利用してHDDイメージを高速にバックアップするイメージバックアップツールである。

 

 最大の特長はイメージバックアップツールとしては初めて(※)重複排除圧縮機能を搭載している点だ。データブロックの重複をチェックして排除することで、データを高度に圧縮、高速にバックアップを保存することができる。

 また、複数のボリュームやディスクをまとめる「マルチディスクイメージファイル」にも対応。先の重複排除圧縮機能と合わせることで保存先ディスク容量の大幅な削減が可能になる特長を持つ。

※ ネットジャパン調べ

 

榎本さんがActiveImage Protector 3.5を高く評価するのは、まずそのユーザービリティの高さだ。「非常に画面がシンプルでインタフェースがよくできています。メニューがわかりやすく、マニュアルもほとんど読まずに利用できました。感覚的に操作できるので導入しやすいですね」(榎本さん)と操作のしやすさに感心する。さらに、「シャットダウン時に自動的にバックアップする機能がいい。手間がかかりませんから」

 

 導入しやすく、手間をかけずにバックアップを実行したいという同社のニーズにぴったり合ったツールだったわけだ。その上に、拠点間のバックアップやクラウド対応といった同社が考えていた多彩なバックアップ先に対応できる特長を持つことがActiveImage Protector 3.5導入の決め手になった。

業務システムへ導入し自動バックアップで運用中

 ActiveImage Protector 3.5は先に述べた高度な圧縮機能を持つため、VPNを利用する事業所間でも現実的な時間でバックアップを行うことができる。さらに、ActiveImage Protector 3.5はWebDAVをサポートし、クラウドへのバックアップにも対応。多彩なバックアップの保存先をサポートするActiveImage Protector 3.5は同社には最適と言える。

 

 ActiveImage Protector 3.5を利用し大阪事業所にバックアップを保存しているが、シャットダウン時の自動バックアップを用いることで意識せずにバックアップが実行でき、さらに現実的な時間内でバックアップが完了できることに満足しているという。 特別な作業が発生せず、これまで以上の安全と安心を得られるのはとても大きな効果だ。また、バックアップの終了の確認が不要の為、無駄な時間が無くなったことは、業務効率を意識する同社にとってとても大きな効果だ。「1人1日3分であっても、20人で20日間稼働すると、20時間の短縮ですからね」(山下さん)

 

榎本さん自身が好感触を得たことから、ActiveImage Protector 3.5の全社的な導入に向けた準備を行っているところである。拠点間のバックアップの持ち合いが可能になった後に、さらにクラウドへのバックアップという次のステップに進むことを検討していると語っていた。

 

 さらに、ActiveImage Protector 3.5の導入をきっかけに、さらなる同社のシステム強化の可能性が見えてきたと榎本さんは言う。

 

 ITを武器に業務を急成長してきた株式会社イードリーマーだけに、将来のシステム強化にも意欲的で「仮想化やシンクライアントの導入についても以前から興味を持っていた」という。

 「シンクライアントで全員が非常に性能の高いサーバーを利用するという環境があれば、パソコンの動作が重いといった問題から逃れることができますし、パソコンを万が一、紛失してしまった時にもシンクライアント端末ならローカルにデータがありませんので安心できるということがあります」(榎本さん)。

 

 ActiveImage Protector 3.5は仮想環境に柔軟に対応する特長を持っている。また、サーバー1台につき1ライセンスで済む仮想環境に有利なActiveImage Protector 3.5 Virtual Editionをラインアップに揃える。

 

 ActiveImage Protector 3.5のこうした特長から、かねてから興味を持ち導入を考えてきた仮想環境+シンクライアントの導入について「具体的に検討できる段階になった」と榎本さんは考えている。株式会社イードリーマーが計画する仮想環境の導入にも、ActiveImage Protector 3.5がきっと役立ってくれるに違いない。

 

会社概要

会社名

株式会社イードリーマー

代表名

代表取締役社長 山下 亮

住所

東京都渋谷区恵比寿4-22-7 恵比寿イーストスクエア4階

HP

http://www.e-dreamer.co.jp

事業内容

インターネットを利用した中古品(自動車など)オークションの開催と運営