導入事例

教育現場でも安心感、高い可用性を発揮する I-O DATA製NAS

NarSuS活用による園内の安全確保

隙間に設置された「HDL-XR1.0/2D」。「NarSuSで安心して使えています」(秋本氏)

NarSuSを使えば、どこにいてもHDL-XR1.0/2Dの動作温度をチェックできるのが良いですね」と秋本氏はいう。浦和つくし幼稚園は園児の安全を何よりも優先しているため、火事の原因の根絶には特に気をつけているという。「幼稚園は窓一枚隔ててグラウンドなので、皆さんが考えている以上に砂埃が屋内に入ってきます」(秋本氏)。そのため、パソコンをはじめとする電子機器に埃が詰まりやすく、冷却トラブルが起こることもあるそうだ。そのような、目に見えづらい危険を察知するためにNarSuSの温度モニターが役立っているという。「ログを見ると、ほぼ一定の温度で動作しているので安心できますね」

大切な園児たちを守る幼稚園の先生ならではの使い方だろう。

 

秋本氏は知り合いの幼稚園からパソコンや関連機器の導入について相談を受けることもあるという。「どうしても女性の多い業界ですから、万が一の時にしっかりしたサポートが受けられるメーカーの製品を勧めています。I-O DATAは電話窓口もありますし、サポート体制は申し分ないですね」(秋本氏)付け加えて、I-O DATAのサイト内でオンラインマニュアルやQ&Aなどを探せば、ほとんどの疑問が解決できると秋本氏はいう。

 

 

職員室から見える校庭。想像以上の砂埃が入ってくる。

「我々のような業種も適材適所でIT化を進めた方が良いと思います。NASやWi-Fiといったベーシックなインフラがあるだけでも、やれることの幅が広がりますし、文書の整理や名簿の管理などの業務は飛躍的に効率化できます」(秋本氏)

 

「忘れてはいけないことは、ITはあくまでも業務を効率化するツールであって、それで得た時間を人と人とのコミュニケーションに充てることだと思っています」と秋本氏は締めくくってくれた。

 

 

 

幼稚園概要

幼稚園名:

浦和つくし幼稚園

http://urawa-tsukushi.com/

設置者:

学校法人 秋本学園

理事長・園長:

秋本勇次

開園:

昭和48年4月8日

所在地:

〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻4-8-7